• HOME
  • コラム
  • 革靴やスニーカーが濡れた時の正しい手入れ&乾かし方をご紹介!

革靴やスニーカーが濡れた時の正しい手入れの仕方&乾かし方をご紹介します!

革靴やスニーカーが濡れた時の正しい手入れ&乾かし方をご紹介!

雨の日が続くと、毎日履くことが多い革靴やスニーカーって濡れますよね。しかも濡れたままにしておくと、嫌な臭いの元になり劣化も早めてしまいます。靴やスニーカーは毎日使うものだからこそ、ちゃんと手入れして長持ちさせましょう!

ここでは意外とそのままほったらかしにしがちな靴やスニーカーの、正しい手入れと乾かし方をご紹介していきます!

革靴もスニーカーも手入れが長持ちの秘訣!

靴の手入れ道具

革靴やスニーカーって、よく履いて使う割には、意外と手入れはせずにほったらかし…なんてことがありませんか?私ほむらはありました。ですが靴も服と同じで、使ったらちゃんと手入れが必要なんです。

正しい方法で手入れすることによって、お気に入りの一足をちゃんと長持ちさせることができます。だから服を洗濯してアイロンをかけるように、靴もきちんと手入れすることが大切です!

これは注意!間違った手入れの方法

ドライヤーを持った女性
・ドライヤー、ヒーターなどの暖房器具で温める

傘を持ってない時に急に雨に降られると、ずぶ濡れになりますよね。当然、靴もぐっしょり濡れて悲惨なことになっています。そんな時、「明日も履かなきゃいけないし…」とやりがちなのが、ドライヤーで温める手入れ方法。

でも実はその方法、NGなんです!

ドライヤーで濡れた靴を乾かすと、高温で一気に温めるので、濡れて形が崩れた靴の水分だけが急激に乾きます。すると水分は乾いても、靴そのものは形が崩れたままになってしまうんです!

それにドライヤーだと靴全体を完全に乾かすことは難しいので、水で濡れた部分が染みとなって靴に残った状態にもなります。

一刻も早く乾かしたい気持ちはよく分かりますが、特に革靴についてはドライヤーで急いで乾かすという方法はお勧めしません。(スニーカーもできれば避けた方が良いです…。)

ヒーターなどの暖房器具も同様で、急激に温めると型崩れの原因になり、全体を乾かせないことによる雨染みが発生するので止めておきましょう。

あたしドライヤーで乾かす方法、よくやってます( ゚Д゚)あれダメなんだ!?
わたしもやったことあるわ。乾きはしたけど、靴の形が少し崩れて染みが残っちゃったのよね。
どうしても時間がなくてドライヤーを使いたいって時には、冷風を使って乾かせばまだマシですよ。でもなるべくドライヤーで乾かすのは止めておいた方が良いです。

濡れた革靴を放置した場合…

濡れているヒールの革靴

雨で濡れた革靴をそのまま放置することって意外とありませんか?でも濡れた革靴を乾かさずに放置した場合、染みができてしまいます。

雨による染みは、濡れた部分と乾いた部分の色の違いが出てしまうので、靴の見た目が悪くなります。また、染みだけでなく靴の型崩れを起こして劣化も早めてしまいます。

靴の見た目が台無しになったら、お気に入りの靴でも履きたくなくなりますよね。しかも買った靴がすぐにダメになるのって、すごくもったいないことです!だから靴を長持ちさせるためにも、濡れた革靴はしっかりお手入れをしましょう。

確かに靴が濡れた時って、自然に乾くだろうと思ってほったらかしにしておくこと多いなあ。
自然乾燥に任せるのは靴を傷める原因になるんだよね。だからちゃんと手入れして乾かした方が良いよ!その方が結果的に靴も長持ちするから。

革靴が濡れた時の手入れの仕方&乾かし方

茶色の靴と手入れ道具

革靴はドライヤーや暖房器具で乾かしたり、自然乾燥させるのはNGです!なので、ここでは革靴の正しい手入れの仕方と乾かし方をご紹介していきます。

①タオルで拭く

まずはタオルで革靴の水分を拭き取りましょう。この時、染み対策として乾いたタオルではなく濡れたタオルで靴全体を湿らせるように拭くのがポイントです!

染みは乾いた部分と濡れた部分の違いが革靴の表面に出てしまうので、その境界を取り除くことで染みを防げます。

②新聞紙で吸水する

タオルである程度水分を拭き取ったら、次は革靴の中に新聞紙を入れて、靴の内部に沁みこんでいる水分を吸水させます。もし新聞紙がない場合は、キッチンペーパーで代用してもOKです。

また、新聞紙でもキッチンペーパーでも入れたらそれで終わりではなく、定期的に取り換えることが重要です。30分~1時間を目安にしてこまめに取り換えましょう!

③固崩れを防ぐ

新聞紙で革靴内部の水分を吸水したら、次は陰干しします。この時、革靴の中にシューキーパーを入れて干すのがお勧めです。シューキーパーを入れることで、靴の形をちゃんと整えて乾かすことができます。

シューキーパーは木製とプラスチック製の2種類がありますが、吸湿性がある木製を使った方が良いです。プラスチック製は木製よりも値段は安いですが、吸湿性はないので…。

シューキーパーを中に入れて形を整えたら、型崩れ防止の完成です!

④陰干しする

シューキーパーで形を整えた後は、風通しの良い所で陰干ししましょう。ちなみに陰干しする場所としては玄関が多いと思いますが、玄関は雨に濡れた傘が近くにあったり、他の靴もあって通気性があまり良くないです。

通気性の悪い場所ではカビが生えやすいので、玄関での陰干しはあまりお勧めしません。

陰干しの場所としてお勧めなのは、お風呂場や風がよく通る棚の上です。濡れていない状態のお風呂場に置いて換気扇を回しておくか、新聞紙を敷いた棚の上で陰干ししましょう。

陰干しの目安としては、最低でも1日は必要です。一晩乾かしたからといってすぐに履くと、乾いてない可能性があるので丸一日は陰干しで寝かせておいた方が良いです。

⑤クリーナーで汚れを落とす

陰干しが完了して完全に乾いた後は、革靴用のクリーナーで汚れを落としましょう。水分は乾いても、靴の表面に残った汚れをそのままにしておくと、カビの原因になります。

また、クリーナーで汚れを落としておくことで後に塗る靴クリームの浸透性も良くなります。

⑥靴クリーム・防水スプレーで仕上げ

クリーナーで汚れを落とした後は、靴クリームを塗って革に栄養を補給しましょう。また、クリームを塗ることでツヤも生まれます。
最後の仕上げとして防水スプレーをかけておくと、また雨が降った時の汚れ防止になります。

番外編1:革靴を少しでも早く乾かす方法

・乾燥剤&替えの靴を併用

乾燥剤とヒール靴

「朝の出勤時に革靴を濡らしてしまった!」といった時に少しでも早く乾かすには、靴専用の乾燥剤を使いましょう。乾燥剤を革靴に入れておくことで、ある程度湿気を取り除くことができます。

それと乾燥剤を使う時には、替えの靴を用意しておきましょう。替えの靴を履いている間に、濡れた革靴を乾かすことができますよ。

ちなみに靴の乾燥剤は100均でも買えます。替えの靴については、折りたたみできるパンプスが便利ですよ。
そういえば最近は折りたたみでも可愛いパンプスがたくさんあるから、利用しない手はないわね。
そうなんです。雨の対策グッズとして1足持っておくと便利ですね。足を傷めたり靴が壊れた時にも役立ちますよ♪

番外編2:革靴の手入れを簡単にする方法

・ストッキングを活用

ストッキング

革靴の手入れって、意外と面倒ですよね。クリーナーを用意して丁寧に拭かないといけないですし…。そこで時短かつ簡単に手入れできる方法として、ストッキングが使えます!

ストッキングは普通の布に比べると繊維が細かくて滑りやすいので、汚れを取りやすい優れ物!

それに丸めて革靴の甲の部分に詰め込んでおけば、型崩れの防止にもなります。出張先でシューキーパーを持ち合わせていない時には、代用品としても利用できますよ。

ストッキングで革靴の手入れができるんですね!これは良いなあ、1足は絶対家にあるものだし。
ストッキングは別に新品じゃなくても良いからね。使わなくなった古いストッキングでも全然大丈夫!ちゃんと汚れが落とせるから♪

濡れたスニーカーも放置厳禁!

濡れているスニーカー

革靴と同じく、スニーカーも濡らしたまま放置しておくのは厳禁です!塗れたまま何も手入れしないと、嫌な臭いの原因になり、スニーカー自体も劣化して寿命を縮めてしまいます。

スニーカーは革靴ほど手入れは必要ない、という訳では決してないので、スニーカーが濡れた場合も、ちゃんと手入れすることが大切です。

ほむらさんはスニーカーもちゃんと手入れしてるんですか?
一応はね(笑)私は仕事でも休日でもスニーカーを履いてるから、手入れしないと傷むのが早いし。
やっぱりスニーカーも手入れしないとダメなんですね。気を付けます…。

スニーカーが濡れた時の手入れの仕方&乾かし方

スニーカーと手入れ道具

スニーカーを濡らしてしまった時は、なるべく早く手入れをしてきちんと乾かしましょう。ここではスニーカーの正しい手入れの仕方と、乾かし方をご紹介していきます。

①全体を濡らす・湿らせる

スニーカーが布製の場合は、水で丸洗いしましょう。雨染みを防ぐためにも、濡れた箇所を含めてスニーカー全体を濡らして洗います。

スニーカーが合成皮革製や革製の場合は、丸洗いができません。代わりに水で濡らした布を使って表面を拭くようにしながら、スニーカー全体を均一に湿らせます。

②新聞紙かキッチンペーパーを入れる

スニーカー全体を濡らす、または湿らせたら、新聞紙かキッチンペーパーをスニーカーの中に入れましょう。

この時、新聞紙の文字のインクが滲むことがあります。白系のスニーカーで内部を汚したくないのなら、キッチンペーパーを使った方が良いです。

新聞紙やキッチンペーパーをスニーカーの中に入れたら、30分~1時間を目安にこまめに取り換えてください。入れっぱなしではちゃんと吸水されないので、注意してくださいね。

③風通しの良い場所で乾かす

スニーカーを外に干して乾かす人もいますが、直射日光を当てて乾かすのはあまりお勧めしません。日光による型崩れを起こす可能性があるからです。

スニーカーも革靴と同じく直射日光の当たらない所で陰干しし、1日以上置いて乾かすようにしましょう。

④ブラシで汚れを落とす

スニーカーが完全に乾いたら、ブラシを使って全体の汚れを落とします。乾いたから終わり、ではなく水分はなくなっても意外と汚れは残っていることがあるので、しっかり落としましょう。

⑤防水スプレーで仕上げ

汚れを落として綺麗な状態になったら、スニーカー全体に防水スプレーをかけておきます。防水スプレーは雨対策だけでなく汚れを防ぐ効果もあるので、仕上げに使うことをお勧めします。

革製のスニーカーはクリームケアで栄養を補給したあとに、防水スプレーをかけて手入れの仕上げをしてくださいね。

番外編1:スニーカーを少しでも早く乾かす方法

・乾燥剤、カイロを使う

乾燥剤

スニーカーも革靴と同じく全体を乾かす必要があるので、すぐに乾くという早業はありません。それでも少しでも早く乾かしたい場合は、乾燥剤やカイロを使うのがお勧めです。

使う時のポイントとしては、大きめの物の方がより乾燥するスピードが速いです。時間がない時は、乾燥剤やカイロをスニーカーの中に入れて乾かしてみてくださいね。

もし家にカイロも靴用の乾燥剤もなかったら、家にある海苔やお菓子についている乾燥剤を使ってもOKです!

番外編2:スニーカーの手入れを簡単にする方法

・消しゴムを使う

消しゴム

スニーカーを脱いだ時に、ちょっとした汚れを見つけることってありますよね。でも少しの汚れのためだけに、わざわざ洗うのは面倒くさい…。

そういう時は、消しゴムを使ってさっと手入れしちゃいましょう!ソール部分に付いたちょっとした汚れなら、消しゴムでこするだけで落とすことができます。

白系のスニーカーは特に汚れが目立ちますもんね。これならすぐに手入れできるから楽です!
流石に酷い汚れは落とせないけど、ちょっとの汚れだったら消しゴムですぐに手入れできるからお勧めだよ~。

・ベビーパウダーをつける
(※白スニーカー・淡いカラー限定)

ベビーパウダー

スニーカーの汚れ防止として手軽に使えるのが、ベビーパウダーです。スニーカーにベビーパウダーをはたいてなじませることで、スニーカーの細かい隙間にパウダーが密着し、隙間に汚れがつくのを防いでくれます。

スニーカーを履く前にベビーパウダーをはたいておけば、手入れを楽にすることができますよ。特に汚れやすい白スニーカーに有効な方法なのでお勧めです。

ベビーパウダーはたくさん使う必要はないので、軽くはたくだけで大丈夫です。身近なものだけど、ちゃんと汚れ防止になりますよ♪

足元は驚くほど見られている。だから手入れをしっかりと!

革靴のヒールとスニーカーを履いている女性

革靴やスニーカーは使う頻度は多いのに、手入れを怠ってしまうことが多いですよね。でも足元は驚くほど人に見られているんです!

だから日頃のケアは必要不可欠!それにちゃんとケアしておけば、その分長持ちさせることができます。毎日の手入れは難しくても、簡単にできる方法を活用しながら、足元を彩るオシャレを大切にしていきましょう♪

    \ SNSでもシェアしてね♪ /

先頭へ

目次へ